アメリーさん、再び!

2014-08-17

fiancee
 今から12年前に、僕はフランスのメジャー映画に突然、出演しました。
 いろいろな奇跡が起きて、出演できたのですが、撮影はまさに夢の中の世界でした。
 そして、その映画の中で、僕が主人公のアメリーさんに最後に言った台詞が、
 「気をつけたほうがいい、アメリーさん。・・・・・・・まあ、頑張って」でした。

 それから12年がたち、なんとその続編のような映画が作られると聞いたのです。
 作家は、同じアメリー・ノートンさん、そして監督はステファン・リベルスキーさん。
 主演は、ポリンヌ・エティアンさん。(セザール賞新人賞ノミネート!)
 これで、作家、監督、主演とベルギーの人になったわけです。

9a96150471d9472b7c44369b4664890e

 僕は当然ながら、ご縁があるなら是非オーディションを受けたいと思い応募しました。
 結局、応募した役は、ダメだったのですが、監督さんが撮影のために日本に来たときに、
 会って、お話しがしたいですと連絡をくれたのです。
 そして、指定されたのが渋谷のツタヤの上のカフェ。
 まさにロストイントランスレーションのロケハンのようなシチュエーションだ!
 そこで通訳無しの面接!僕までロストイントランスレーション状態ですか?汗
 いつものように、つたないフランス語を話しながら、これだめでしょと思っていましたら
 監督さんから突然、僕の意味不明のフランス語の話しをさえぎって、
 「はい、あなたで決まりです。」って、話の途中だろ?
 「ワンシーンだけで、申し訳ありませんが、とても重要な役なので、
  是非あなたにやってもらいたい」 (前作に出させて頂いたおかですね。)
  故アラン・コルノー監督に感謝!
 「せりふは、あなたの発音は大丈夫そうだからフランス語でお願いします。」
 と言われたのです。
 僕の役は、原作には無く、監督さんがわざわざ書き足してくれたものなのです。
 いや別に、僕のために書き足したとは言ってませんよ。

 そして、台本を読んで、僕は少し驚きました。
 (これは、僕の勝手な驚きであって、監督さんの意図はわかりません。)
 12年前と同じ様に、アメリーさんに言うのですよ。
 そして、12年前には言わなかった、続きの台詞を
 これは、ほんとに勝手な自分の思い込みだと思うのですが、
 なんとなく、ありがたいな~って。思いました。

fiancee2

 守秘義務がありますので、これ以上お話の内容は言えませんが、
 ここまででも、かなりやばいですか?まあギリギリ、セーフということで、勘弁してね。
 何はともあれ、フランス語で映画デビューですから!
 そういう、ミッションをこなした俳優はそうはいないでしょう。
 (勝手にミッションを作らない!)
 そういったわけで、この映画は役の大きさは関係なくとても感慨深い作品です。

 僕は、ご存知のようにタレント名鑑にも載っていないデータベース外役者ですが、
 (もちろん、フランスではデータベースに載ってしまっていますが)
 こんなふうに10年に一度ぐらいは、感慨深い仕事らしきものをするわけですよ。笑
 今では、こういうスタンスもありなのかな?と勝手に納得してます、、、
 もちろん仕事あればどんどんやりますよ!!!笑

 話しがそれましたが、この映画ほんと、どんな風な仕上がりなの楽しみなのです。
 自分のフランス語を聞くのは、かなりドキドキですが・・
 そのためにも、是非とも日本での配給がありますように!祈るばかりです。

 とりあえず、トロント国際映画祭に正式に出品がきまりました。

 そして、ナミュール国際映画祭では、なんとオープニング上映です!

 頑張れ!!そして何時ものように、僕と共演した。
 ポリンヌさんは主演女優賞をどこかでとるでしょう!

72e81f0fb489fef6d320d3b48e93450c

 映画「東京フィアンセ」 Tokyo Fianée フランス、ベルギー・カナダ合作
 監督: Stefan Liberski 主演: Pauline Etienne 
 原作: “Ni d’Eve ni d’Adam”  Amélie Nothomb

 2014年10月8日ベルギーにて公開開始です!

 Tokyo Fiancée

 

 


Copyright(c) 2013 伝ふプロジェクト All Rights Reserved.