1月, 2017年

精神論からの脱却

2017-01-28

suisen

刀を使った所作と言いますとどうしても武士道を連想して、
行き着くところ精神論というイメージが強くあると思います。
武道とは精神修養の場であるというわけです。
それはそれで間違いでは無いと思いますが、
実は日本文化とは本当のところそれらとは真逆にあると思われます。
日本文化は精神性を排除するところから始まります。
自分の行う行動と自分の心や感情や意志とをいかに連動させないかを追求し、
その結果に生まれたのが型という文化だと思われます。
現代では、まず気持ちが大切ですと色々な場面で、当たり前の様に言われていますが、
これらの気持ちを全て封印して動くことが所作といわれる日本の集中世界なのです。
普段使っている精神を封印するという意味では精神修養になるというわけです。
では、いったい何をするのか?
と言いますと、感覚を使って身体を動かすわけです。
この感覚は、普段私たちが使う五感に代表されるような刺激に対する識別感覚ではなく、
なにかと共に動く様な同調感覚を使います。
この同調感覚に身体を任せて動かすことによって、
次第にある感性を引き出すことができるようになります。
そしてこの時生まれる感性は、自我とは違う、
ある種の普遍性であったり、多様性であったり、
共有性を持ち合わせていたりするわけです。
こうした一連の行為を古来日本では、佳しとして文化にまで、してきたわけです。
強い意志や行動は、今ここにあるもので、しかも見える存在です。
しかし、感性というものは、ここに存在せず、見えない物です。
こうした、みえなものを大切に考え、なんとかして、扱おうとする試みが、
日本の文化の源流に流れている事だと思います。
問題は、産業革命以降、科学というものが台頭し、
あらゆるものを可視化することが、正義となりました、
啓蒙的であり、唯物的であり、実在的であることが、主流となっています。
さらに現代では、精神が、身体よりも優位にたち、
脳科学まで、出現するに至り、身体は健康でさえあれば、
あとは精神活動だけで、人生が上手くいき、
幸せになれると、信じられるようになりました。
(もちろん、ランニングはするし、スポーツもして、身体の事も考えて鍛えています。
と言う人もたくさんいると思いますが、もし、それらの活動が、
健康のためであったり、ダイエットのためであったり、自分のためであるならば、
それらは、精神活動の域を外れていない、ということも注意しないといけません。)
こうした流れの中では、見えない物を大切にする日本文化は、
どうしても懐古的であり、実用的ではないと、切り捨てられてしまうわけです。
では、はたして本当に日本文化は、もう実用価値が無くなったのでしょうか?
僕は、違うと思います。
今だからこそ、早急に日本人はもう一度日本文化に気づくべき時に、
来ているように思われます。
みなさんは、仕事でも、私生活でも、ストレスをため、
世界一、精神病院が多く存在する現状を、おかしいと思うべきだと思います。
私たちは、間違いなく、日本の文化圏の中で、生活し、活動しているわけですから、
生活を丸ごとすべて、西洋化することに、疑問を持つべき時期に来たと思うのです。
日本人は、その文化の中で、精神活動から自らの動きを切り離し、
そこで体現できる、共同性(言葉に頼らない意思伝達)や
普遍性(個を超えた雄大な感性)を有効に活用してきていたのです。
察する能力や、気配や、空気を読む力、個を超えた力強さ、
独創性や創造性、などなど、それらのすべてが、自分の身体の中から、
導き出すことが出来た。これらが日本の文化の力なのです。
侍が、まずしようとしていた稽古とは、それら文化の力を活用するために必要な、
精神活動を止める精神(つまり無になること、独りという集中観をつくること)。
そして感覚から感性を引き出すための身体をつくる(これを身体を練るという)
これらの活動が、武道の最初の取り組みであり、
それらは、精神論とは、全く別次元の稽古になることは、
容易に想像が付くことだと思います。
伝ふプロジェクトでは、こうした取り組みに賛同してもらえるよう活動しています

 

 

 

第50回侍クラブ稽古会

2017-01-19

samurai2017

侍クラブ稽古会も節目となります50回になりました。
こんなに続くとは思ってもいませんでしたが、
基礎だけでどこまでもいけて、しかも楽しいいうことにもまたビックリしてます。
もちろん、楽しいか楽しくないかは、各自違うと思いますが、、

今回も、すごい哲学の授業のようですねと感想を言われましたが、
ただ、立つ、坐る、物を持つ、歩くといった動作のなかに
日本文化の思想が吹き込まれ型が作られていく。
だから、前にもどこかで書きましたが、所作が出来ていれば
同じ思想のもとに動いているわけですから、
もはや意志の疎通をはかる必要性がなくなる。
日本人が多くを語らない理由の一つなのかもしれません。
ある一つの技は、ある一つの思想が必要になるわけです。

といいながら、僕はいまだに箸を持つのにも苦戦してます。笑
そして、今回はこの箸を持つときのヒントの一つをやってみました!

僕的には、今回のヒントはこんなに応用の利く日本の考えかはないな~~と
勝手に感動してます。結局、箸は持てませんでしたが、希望は持てました?
それでつい、脱線して、発声の練習までしてしまいました。
思いつきなので、しっかり検証していませが。。。使えるかも。
これらは、各自自分で経験をしてもらって生活に活かしていくわけです。

昔の侍も稽古をしながら、いろいろなアイデアを生み出していたのでしょうね。

でもどうして、箸の持ち方と発声練習が関連するのか?
それは説明がひどく面倒ですので、
知りたい人は、侍クラブ稽古会へ~~(宣伝でごめんなさい)

DSCN31532時間があっという間でいつも刀を振るときにしっかり時間がとれなくて
申し訳ありません。
ここ、じっくり心を洗い流せるように、やりたいですね。

DSCN3156
DSCN3159禊ぎとしての刀捌きですね。
また、次回頑張りましょう
ありがとうございました。

DSCN3167

 

 

王子狐の行列2017 謹賀新年

2017-01-02

oujisyougatu

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

大晦日は、恒例の王子の狐の行列に参加してきました。
凍える様な寒さの中、たくさんの参加者に恵まれまして、
感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

20170101015240750_6267安藤広重の絵にも描かれているように江戸時代から、
大晦日に東国の狐が集まり装束を整えて参拝したという言い伝えがあります。
野原には狐火が多く見られ幕府も調査に乗り出したほどらしいです。
その様子を再現しようというのが、王子狐の行列なわけです。

dsc_2653
装束を整えたといわれる装束稲荷から列を整えて王子稲荷神社へ参拝したわけです。

dsc_2646狐は玉と鍵を口にくわえています。

dsc_2632玉は狐の霊力の象徴で、それを使うためには鍵が必要です。
この二つが合体したとき
人と狐の霊力が発揮され夢が叶うのです。
装束稲荷側のメークは玉をもった狐をイメージし、
神輿には、姫様が玉をもって王子稲荷神社に向かいます

20170101005644750_6165一方、王子稲荷神社の白狐衆は
鍵をもった狐をイメージしています。
頭には葉っぱをのせ霊力を使う準備をしています
この二つ狐たちは、王子稲荷神社境内で
融合され、新年、皆様の祈願をかなえるといった
趣向だと思います。

20170101000435750_6083私たち伝ふプロジェクトは
それを見守る立会人ということで
厳粛に儀礼を進めていくわけです。

20170101011612750_6215まずは、集会所に集まって、打ち合わせと厳しいリハをしました。笑

dsc_2685王子稲荷神社から、狐の行列を迎えるために進み儀礼で行進します

dsc_2750待ち合わせ場所に整列し、踊りを舞ながらお迎えです

dsc_2755子供達が可愛いのですぐに人が集まってきます

dsc_2764その頃、装束稲荷側は、スタートを待ち構えてごった返しています

dsc_2730そして、いよいよカウントダウン

dsc_2771無事に行列を迎え入れ、一緒に境内へ入ります

20170101011712750_6220お祓いしてもらい、正式参拝となります。

dsc_2836終了後にJ-COMさんの取材を受けました

dsc_2851最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

dsc_2828

20170101015216750_6259

Copyright(c) 2013 伝ふプロジェクト All Rights Reserved.